2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

トップ > オススメゲーム > メディアで話題 > 進撃の巨人 ボードゲーム
価格帯別 > 6,001円〜7,000円 > 進撃の巨人 ボードゲーム
ボードゲーム > 協力ゲーム > 進撃の巨人 ボードゲーム

進撃の巨人 ボードゲーム

【日本語版】

作者:Antoine Bauza/Ludovic Maublanc

販売:ホビージャパン


プレイ人数:2〜5人

プレイ時間:約30分

製造元 : ホビージャパン
希望小売価格 : 6,260
価格 : 6,260円(税込)
ポイント : 56
数量    残りあと2個
 

税込11,000円以上の購入で基本送料無料!(一部地域除く)

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【ゲーム内容】
巨人として市民を食らうか、調査兵団の一員として巨人を殲滅するか?!
『進撃の巨人 ボードゲーム』は、原作の初期のエピソードを再現する協力型ゲームです。

プレイヤーのうち1人は人類に残された最後の都市の壁を突破し、人類を捕食する巨人となり市民の捕食を試みることになります。残るプレイヤーは調査兵団の1人となり、協力して巨人の殲滅を試みることになります。
巨人プレイヤーは毎回どの行動をするのかを決めるカードを使用してアクションを実行しますが、調査兵団プレイヤーの裏をかく行動で、調査兵団を全員倒すか、市民を食らうかして勝利を目指さなければなりません。
原作同様、このゲームでも巨人はその性質により、通常種や奇行種など、性質の違うタイプが4種類存在し、アクションに使うカードの種類が異なるため、調査兵団側は相手に合わせて攻略方法を考えなくてはなりません。
調査兵団の各プレイヤーはダイスを使い、キャラクターの能力を駆使しつつ、協力して「巨人を転ばせる」「巨人の目を潰す」「一時休息する」などの「戦術」を実行し、最終的には巨人を殲滅可能な「うなじを削ぐ」などの「戦術」を実行することを目指します。
また、平面であるゲームボードは使用せず、組み立て式の巨大な巨人フィギュアと組み立て式の建物を使用し、その上を移動することで、原作さながらの立体機動の雰囲気も再現されています。

ゲームデザイナーにドイツゲーム大賞受賞経験のあるアントワーヌ・ボゥザとルドヴィック・モーブロンを起用し、原作に基づいた登場キャラクターVS.巨人の戦いを再現した本格的協力型ボードゲームです。