2022年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

トップ > ボードゲーム > カードゲーム > ニコデマス
オススメゲーム > 2人用ゲーム > ニコデマス
価格帯別 > 4,001円〜5,000円 > ニコデマス

ニコデマス

【日本語版】

作者:Bruno Cathala / Florian Sirieix

販売:ホビージャパン


プレイ人数:2人

プレイ時間:約45分

製造元 : ホビージャパン
希望小売価格 : 4,400
価格 : 4,400円(税込)
ポイント : 40
数量    残りあと1個
 

税込11,000円以上の購入で基本送料無料!(一部地域除く)

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【ゲーム内容】

夢の工場の雑用係のニコデマス・ギデオン、このたび退職!!

ここ352年もの間、彼は資源や黒炭素の生産に欠かせないがらくた場の
魅力的な機械を修理し続けてきた。
そんな彼の後がまを狙う助手たちは、
厳しい規則の下、互いに雑用係勝負を行うこととなる。
試験はまさに過酷!

 

「ニコデマス」では、プレイヤーは夢の工場雑用係の次期ポストを巡って、よりよい成績を収めることを競います。
ゲームは交互に手番を繰り返して進行します。自分の手番でプレイヤーは、手札の機械を共通のゲームボードである「ガラクタ場」にプレイするか、ガラクタ場の機械を修理して自分の「作業場」に置くことができます。プレイヤーはガラクタ場に機械カードを置くことで、記されたリソースを得たり、機械の効果を使用できます。しかし、ガラクタ場に置いた機械は相手が修理して作業場に置いてしまうかもしれません。勝利点は作業場に置かれた機械により得ることができ、また作業場にある機械は修理コストを軽減し、タスクの達成の条件ともなりますので相手の利益になるやもしれません。
また、作業場に置ける機会は4枚を上限としてどんどん入れ替わっていくので、手札とリソースをうまく管理して、ガラクタ場と作業場での自分の優位を得る努力が必要となります。
 

『イマジナリウム』の雰囲気はそのままに、2人用ゲームとして短時間でプレイでき、駆引きも悩ましいゲームです。