2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
[LEFT_POLL]
 

トップ > ボードゲーム > カードゲーム > ナナ・クリスマス
価格帯別 > 1,001円〜2,000円 > ナナ・クリスマス
レターパック対応商品 > ナナ・クリスマス

ナナ・クリスマス

【日本語版】

ゲームデザイン:宮野華也 
販売:Mob+


プレイ人数:2〜5人

プレイ時間:約5分~15分

製造元 : Mob+
希望小売価格 : 1,980
価格 : 1,980円(税込)
ポイント : 18
数量    売り切れ
 

税込11,000円以上の購入で基本送料無料!(一部地域除く)

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【ゲーム内容】

定番カードゲーム「ナナ」がステキなクリスマス仕様になって登場。
パッケージ・カードデザインがクリスマス仕様になり、クリスマスver専用ルールも付属しています。
クリスマス等のパーティーで盛り上がる新定番カードゲームです。

【ナナとは】
このゲームは「同じ数字のカードを3枚当てる」ことを目指すゲームです。

自分の番がきたら、カードを公開していき、3枚とも同じ数字になったならチャレンジ成功。
違う数字が公開されてしまったら、チャレンジ失敗となります。

遊び方はトランプゲームの「神経衰弱」と同じなのですが、遊んでみた感覚はまったく異なります。
神経衰弱は「場札」をめくっていくゲームですが、ナナは「誰かの手札」を公開していきます。
しかも手札は「いちばん大きい数字」か「いちばん小さい数字」しか公開できません。
そのルールの中で最初にチャレンジを3買い成功させた人がゲームに勝利します。

基本的にやることは「同じカード3枚を探す」なんですが、その過程で色々なことがわかっていきます。

例えば、とある人の「いちばん大きい数字」が「8」だった場合。
数字は「1〜12」までしかないので、その人の手札が「小さい数字ばかり」だと分かります。
そんな時、もし自分の手札に「1」が2枚あったりしたら、
その「小さい数字を持っていそうな人」の手札を公開しにいったりするわけです。
(もちろん必ず持っているわけではありませんが……)
こんな風に「とてもシンプルなルール」なのに「推理思考が楽しめる」のがナナの面白い点となっています。